Successful Business

New Posts

ネットからも攻撃

標的型サイバー攻撃によって企業のネットワークに悪影響が起こったという例も珍しくありません。年々巧妙になってきているので、企業側でも様々な対策を導入しておく必要があります。

read more

ウィルスが流される

愉快犯によって企業のネットワークに標的型攻撃を受けてしまうことがあります。情報資産を失ってしまう危険性があるので、徹底したセキュリティ管理を進めていくことが必要になってきます。

read more

NEWS

社員である証明

社員証は会社の関係者であることを証明するには欠かせないものとなっています。また、情報を格納することも出来るため、専門の製作会社へ依頼を行って、作成を行ってもらうようにしましょう。

more

世界に通じる商品

ISOの概要と将来予測

現代では国際的な商品・サービス提供を行う確率が高まっています。それに伴い、商品の信頼性も国際的に通用するモノである必要があります。 そうした国際的な信頼性を示す一環となる規格に、ISOと呼ばれる規格があります。ISOとは国際標準化機構の略称で、産業分野における要素の標準化を推進する団体を指しています。この団体によって、商品およびサービスがISOのルールに遵守している事が客観的に認められれば、ISO取得を行う事が出来ます。 その結果、商品やサービス、あるいはシステムに対して、独自の管理・対応プロセスを持てない場合にも、それらの客観的な信頼性がある事の証明となる点が、ISO取得によるメリットに挙げられています。 ISO規格は現在、各国の国内規格標準化機構との整合性を調整している段階だと言われており、取得によって今後の国内外を問わぬ信頼性の証明として活用される事が期待されています。

取得における主な注意点

ISO取得と一口に言っても、取得対象とする商品・サービスの種類や対象範囲に応じて、いくつかの種類に分かれるとされています。 具体的には、商品品質や組織システムの効率性などを評価するパフォーマンス改善向けや、情報セキュリティなどのリスクマネジメント面、事業健全性や社会的責任・活動を評価する継続的価値創出度といったものが挙げられます。 取得の際は、評価対象がこれらのうち、どの評価に値するのかを知る必要が挙げられています。 また、本当にISO取得が意味をなすものであるかを事前に判断しておくことも必要とされます。ケースによっては、国際基準には満たないものの現状の職場・サービス提供環境としては合っていると判断可能な確率もあるとされるためです。 こうした基本的な部分を加味した上で、規格の取得を検討する事が無難とされています。